避妊薬のことをきちんと理解しましょう

避妊薬が服用できない人について

避妊薬とバツを掲げる女医のイラスト

避妊薬は、健康な女性が服用するための薬なので、健康に問題がある場合には、服用できません。
全く服用できない場合と、医師の管理下で慎重に服用をする場合がありますので、それぞれについて詳しく説明します。
全く服用できない(絶対的禁忌)とされているのは、次のような人です。
避妊薬には、エストロゲンが含まれているので、エストロゲンによって悪化する乳がん、子宮体がん、子宮筋腫、子宮頸がんの人は服用できません。
避妊薬は血液を凝固しやすくする作用があるので、血栓性静脈炎,肺塞栓症,脳血管障害,冠動脈疾患の人や既往歴のある人は服用できません。
血栓症のリスクが上がるため、35歳以上で1日15本以上の喫煙者、高血圧の人、大手術の術前4週間、術後2週間の人症状が悪化することがあるため、重篤な肝障害、肝腫瘍のある人は服用できません。
妊娠中の安全性が確立されていないので、妊娠している人や妊娠の可能性のある人は服用できません。
母乳に移行するため、授乳中の人も服用できません。思春期前の女性は、服用によって骨端が早期閉鎖する恐れがあるため、服用できません。
次に、慎重な判断が必要(相対的禁忌)なのは次のようなケースです。40歳以上の人、喫煙者、家族が乳がんや血栓症になったことがある人、肥満、軽度の高血圧の人、糖尿病、肝障害のある人などです。
てんかん、テタニーの症状も悪化する可能性があります。
これらは、避妊薬を処方してもらう際の問診や検査によって、医師が判断します。
また、服用を継続する場合には、定期的に検診を受ける必要があります。海外輸入代行などで避妊薬を入手する場合にも、自己判断せずに医師の診断を受けて安全な服用をしてください。